身長に良さそうな栄養

ドクターセノビル

成長期のサプリメントははやりドクターセノビル。
その理由と体験とは?!あれこれ迷ったらコレ

ドクターセノビル

身長アップ期待度が持てる栄養素とは?!

豆腐は吸収が良いタンパク質

成長に欠かせないとされる栄養がカルシウムですが、当サイトではカルシウムは骨を強化する栄養素であって伸びる期待度は高くないと記述しております。
もちろん骨を強化するべく摂っておきたいカルシウムですが、成長期の骨を伸ばす期待度が高い栄養素は、

 

タンパク質です。タンパク質は体を作るもとの成分たるアミノ酸の総称です。

 

なので、タンパク質をたくさん摂るといいです。もちろんカロリーが気になるなら低カロリーのタンパク質を摂りましょう。

 

動物性タンパク質と植物性タンパク質がありまして、日本人は植物性のタンパク質を摂った方が消化が良いとされます。
その理由ですが、動物性ですと、吸収がイマイチで、植物性のタンパク質の方が吸収が良いためです。

 

牛乳はタンパク質の塊ですが、カゼインと言って腸管に膜をはりますので栄養吸収が悪いらしいです。豆乳もいいですね。豆腐は安価ですし、毎日食べたいものです。

 

3つの成分とは?!

 

成長期に摂っておきたい成分はアミノ酸、コラーゲン、ビタミンでしょう。

 

コラーゲンは軟骨成分ですが、タンパク質の3割がコラーゲン。また、毎日2gほど破壊されるということなので、積極的に摂ると良いです。

 

マシュマロや手羽先鶏肉、有名なのはフカヒレなどから摂ります。が、マシュマロは安価なのですが、カロリーも高め。なのでサプリメントで摂るとよさそうです。マシュマロはおいしいので食べ過ぎて肥満なんてなったら逆効果ですから。

 

次はアミノ酸。タンパク質の原料ですが、成長ホルモン分泌にもアミノ酸は大事です。その代表がアルギニンなど。成長ホルモンの分泌が成長には欠かせません。

 

必須アミノ酸、非必須アミノ酸とは

 

必須アミノ酸とは体内で生成できないアミノ酸で、食べ物からしか摂れないアミノ酸です。非必須アミノ酸は、食べ物から摂取しなくても体内で合成出来るアミノ酸である。

 

成長ホルモンに良いとされるアルギニンは準必須アミノ酸といわれ、成人は食べ物から摂取しなくても体内で合成されるため非必須アミノ酸となるが、若年層ですと、体内で合成できない場合があるため、どっちにつかずというアミノ酸。
でも成長期なら摂っておいたほうがいいですね。成人になれば気にしなくても大丈夫という成分です。

 

アミノ酸においては、必須アミノ酸を摂り、アルギニンを摂れば成長に良いと考れらます。必須アミノ酸は9種類あります。
9種類全部摂るのは大変です。なのでこのサプリメントはオススメです。→アスデカプラス

 

アスデカプラスには必須アミノ酸9種類が含まれますし、コラーゲン、ビタミンCと成長期応援サプリメントとしては非常に優秀なサプリメントです。アミノ酸の原料はスピルリナ。最近注目されている成分です。スピルリナについて権威のあるサイトであるウィキペディアに詳しくあるので引用しますと、

 

wikpediaより引用
乾燥したスピルリナは、タンパク質を約60%含み、ビタミン、ミネラル、多糖類(食物繊維)、クロロフィルなどを含む。中でもカロテノイド系色素のβ-カロテン、ゼアキサンチンを多く含み、その抗酸化作用が注目されている。クロレラと比較し、ベータカロテン含量が多く、消化吸収性が良いのが特徴である。

 

チャド湖で収穫されたスピルリナの乾燥物が「ダイエ」という名前で売られていることを、1940年に紹介し、世界の注目を集めた。1967年11月には、エチオピアで開かれた国際応用微生物会議で、「スピルリナはタンパク質が豊富であり、将来の食糧源として注目されるべきである」と報告された。

 

30億年前から生存していたというスピルリナの成長期サプリメントなんで試してみたいですね。あとお豆腐1丁!

 


身長に良さそうな栄養記事一覧

牛乳と身長の関係

牛乳は戦後の日本にアメリカが推し進めてきた習慣です。まず現実的に見てみますと、戦前の日本は現在より平均身長で言うとマイナス10センチ以上小さかったのです。それが牛乳が学校給食に導入された戦後から現代までの間に平均身長は男女10センチ以上伸びました。牛乳のおかげでしょうか?時期的に言うなら牛乳のおかげ...

≫続きを読む


身長サポートサプリメント カルシウム身長サプリ 遺伝と身長 栄養と身長 問い合わせ